ジョルジュ・パラントにかんする雑記帖

まえの記事 つぎの記事
P6251401

 ことしの4月にでたばかりで、註文していた Louis Guilloux : Souvenirs sur Georges Palante が到着した。
 Yannick Pelletier による13ページにおよぶ長文の序文をよんだところだが、なかなか感動的だ。