ジョルジュ・パラントにかんする雑記帖

まえの記事 つぎの記事
 ウィキペディアの「ジョルジュ・パラント」の項目(じつは、この記事のニホン語版をはじめて書いたのはわたしだ)を編集し、かれの生地を詳細表記してくださった方がおられた。
 ただし、「ブランジー」と表記されるべき Blangy を「ブラニー」と表記しておられた。
 そこで、その都市名のフランス語版の記事も示しながら、Blagny ではなく Blangy なので、「ブランジー」ではないでしょうか、という趣旨のコメントを公開ノートに書いたところ、さっそくお返事をくださり、記事も修正くださった。
 このような、インターネットの完全公開の場での見知らぬひととの交流は、2000年代初頭にはさかんだったが、SNS の発達などでかなり失われた。それで、ひさしぶりにこころがあたたかくなり、なつかしい気分にひたることができた。