ジョルジュ・パラントにかんする雑記帖

まえの記事 つぎの記事
べつのところに書いたはなしのながれから、Pessimisme et individualisme をここ数日で再読したものの、ただもう、しびれるような絶望が伝染してくるばかりで、もくろみに反して、なにも書こうという気がおきない。そのめざましい効用こそ、この書物がすばらしい「大悪書」であるゆえんか。ロマン主義で、反理性主義で、ミザトロで、、、といちいちつぼにはまるのも、うれしいような、かなしいような。