ジョルジュ・パラントにかんする雑記帖

まえの記事 つぎの記事
Le Bovarysme


 Georges Palante : Le Bovarysme : Une moderne philosophie de l'illusion が Rivages Poche から刊行されました。定価8ユーロ、ISBN : 978-2-7436-1796-7 です。
 これはジョルジュ・パラントによる≪ボヴァリスム≫にかんするいくつかの著作のうちもっとも初期のもので、1903年におおやけにされました。そのころはまだ、決闘沙汰に発展したジュール・ド・ゴルティエとの論争もはじまっていないので、安心して読めます(笑)。
 もとは Mercure de France の記事ですが、全集にはおさめられているのでわたしは買いません。雑誌記事ひとつで1冊の本にするのは、ちょっとどうかと思いますね。しかし、いろいろなかたちで刊行されるのは、それだけひとの目にふれるチャンスもふえるので、よろこばしいことです。