ジョルジュ・パラントにかんする雑記帖

まえの記事 つぎの記事
http://www.amazon.fr/Pour-finir-avec-Nietzsche-nietzsch%C3%A9isme/dp/2930402326/
から情報を転記:
著者 : Aymeric Monville, Domenico Losurdo
題名: Pour en finir avec Nietzsche : Misère du nietzschéisme de gauche, suivi de Réponse à Michel Onfray
出版社 : Aden
発行予定 : 2007年1月19日
定価 : 10 Euros
ISBN: 2-9304-0232-6


『ニーチェを終わりにするために : 「ニーチェ左派」の惨憺』という、ある意味でかなり挑発的な題名を付されたこの近刊書は、オンフレーがパラント論でもちだした「ニーチェ左派」なる概念を批判するものになる予定だそうです。
「パラントはニーチェ的か?」とたずねられれば、もちろん、「そうだ」といえる面も、「ちがう」といえる面もあるわけですが、これまでは、前者に重点をかけたオンフレーがあまりに目立ちすぎていたので、ことなる声がはっきりきこえてくるようになることはよろこばしいことです。