ジョルジュ・パラントにかんする雑記帖

まえの記事 つぎの記事
カミュの『反抗的人間』(Camus : L'Homme révolté) のパラントへの言及を、これまでフランス語の全集でしか見ていなかったが、先日、はじめて日本語の訳書を見ておどろいた。

OEuvres Complètes d'Albert Camus, tome 3, p.319, n.1

Dans ses Entretiens sur le bon usage de la liberté, Jean Grenier fonde une démonstration qu'on peut résumer ainsi : la liberté absolue est la destruction de toute valeur ; la valeur absolue supprime toute liberté. De même, Palante "S'il y a une vérité une et universelle, la liberté n'a pas de raison d'être."

Note de l'éditeur (ad loc.) :
Georges Palante (1862-1925) : philosophe qui a servi de modèle à Louis Guilloux pour le personnage de Cripure, dans Le Sang noir.


この箇所に対応する翻訳。

『カミュ全集』第6巻(新潮社)p.278
『自由の善用についての対話』のなかで、ジャン・グルニエは、概略つぎのような証明を基本としている。「絶対的自由はあらゆる価値の破壊であり、絶対的価値はあらゆる自由の排除である」。同じようにパラントが書いている。「ただひとつで普遍的な真理があれば、自由には存在理由がない」と。

訳註 (同書 p.279)
フランスのカトリック系評論家。『カトリックのフランス』紙の寄稿家。[強調わたなべ]


カトリック系?  ( ° Д ° ) ハァ?
まったく見当はずれの、おどろくべき註だ。


訳書にもんくをつけるだけではつまらないので、ついでにいうと、「普遍的な真理」を「自由」と両立しないといいきっているところが、パラントの引用部のこのましいところだとはおもう。しかし、わざわざ引用するには片言隻句にすぎるのではないか。
カミュとしては、アルジェでじぶんの先生だったグルニエに気をつかい、そのまた先生だったパラントに気をつかった、、、というと深読みすぎるかなあ。