ジョルジュ・パラントにかんする雑記帖

アン・リネルにかんするブログを発見しました。
Han Ryner (1861-1938)
http://hanryner.over-blog.fr/
ほぼまいにちのように更新されていますが、よくネタがあるなあ、と感心します。

ここの情報によると、1920年に出版されたきりいちども復刊されたことがなかったかれの小説、『ディオゲネスおやじ』Le père Diogène がことし復刊されたようです。(ISBN : 2-913534-07-4)
http://www.premieres-pierres.fr/auteurs/ryner.html
犬儒主義 cynisme はまた、リネルのひとつの重要な側面だそうで、さっそくとりよせて読もうとおもいます。



19世紀趣味の≪古風な≫雑誌、Le Grognard の第2号が発行され、ネット上でも pdf 版が読めるようになりました:
http://perso.orange.fr/legrognard/ouverture.htm

以下にもくじをコピーしておきます:


Le Grognard
N° 2 - Juin 2007

Sommaire :

- Eric Rommeluère : Les Bouddhas naissent dans le feu (extrait)
- Jean Delpech : Entretien avec E. Rommeluère
- Serge Muscat : Le Grand désordre
- Fabrice Petit : La clémence de l'inutile (extrait)
- Stéphane Beau : Contingences 3 & 4
- Stig Dagerman : Un Avenir radieux
- Stéphane Prat : Sur le travail de la solitude
- Justine Mérieau, Thierry Guérin, Guillaume Vivier, Jean Crill, Pascale Arguedas, Aglaé Vadet : L'Atelier des muses (poèmes)
- Mitch Abidor : American rebels (Lettres inédites de B. R. Tucker)
- Vincent Dubuc : L'Amour libre et l'anarchisme
- Stéphane Beau, Maryne Cervero : Du côté des livres




  <200705| 200706 |200707>