ジョルジュ・パラントにかんする雑記帖

雑誌『トスキナア』第3号がまもなく刊行されます。わたしもパラントにかんするみじかい紹介記事をかきました。

http://www.ocv.ne.jp/%7Ekameda/tosukina-magazine3.htm からの引用:


 『トスキナア』3号(4月15日刊) 目次予告

 〔論考と随想〕
香具師と社会主義運動考ノート 3     猪野健治     
快活な軍人で大アナキスト――中島国夫 回顧つづり3   小倉三郎
北村透谷碑とチェ・ヨンのこと 2     福田美鈴
アナ連時代の栗原貞子 まさじいの頁 3 大澤正道
谷静湖と石川啄木 2           北沢文武
リベルテールたちのアンダルシア 3    渡辺雅也
「サッコとヴァンゼッティの手紙」私訳の試み 2 川岸 至
竹中英太郎論 1             黒川 洋 
黒い詩魂              正津 勉
中浜哲と仲間たち──黒蝶は舞う 1    亀田 博
松永延造のこと            松下幸世
17回コスモス忌                西村 修
追憶 戸田広介君のこと          和田喜一郎
巴金とエマ・ゴールドマン 1   山口 守
中国のアナキズム運動とエスペラント    手塚登士雄
台湾詩篇                 錦連訳
新しい『金子光晴全詩集』のことなど    原満三寿  
ジョルジュ・パラント、個人主義の称揚   渡邊淳也
ニヒリズムの超克――大杉栄「アナキズム」の可能性――  飛矢崎雅也
私的・ハンガリー事件五十年―ジャック・ブレルなど―   市原正恵
庚寅中秋の秋水 1            白仁成昭
「民衆芸術展」と黒耀会          大杉 豊         
藤井健一郎追憶              勝野 洋

 〔報告と紹介〕
韓国映画「アナーキスト」を観る      亀田 博
中西伊之助研究会の発足と活動       勝村 誠
石川三四郎研究のひとつの欠落       米原 謙
「エルツバッハー文庫」とIISG[アムステルダム国際社会史研究所]   田中ひかる
『彷書月刊』金子文子特集         菅野あざみ子
『大逆事件の真実を明らかにする会ニュース』  大澤正道

〔ウワサの風〕                       

〔書 評〕             
渡辺雅哉『忘れ去られたアンダルシア』 川成洋
玉川信明『放浪のダダイスト辻潤』を読む 渡辺一衛
正津勉『脱力の人』 暮尾 淳
暮尾淳『ぼつぼつ ぼちら』 正津 勉
ランダウアー『レヴォルツィオーン』 田中ひかる

〔事典・訂正と追補 4〕    
訂正・追補  野口雨情=野口存弥 奥崎謙三=原一男 玉川信明=渡辺一衛 コロメル=田中ひかる 寺山修司=杉山正樹 松本富太郎・小川浩(読売争議団)



購入は 皓星社 http://www.libro-koseisha.co.jp/ まで。






  <200603| 200604 |200605>